本・マンガ

嘘がつけない不動産営業マン!?『正直不動産』大谷アキラ

正直不動産-大谷アキラ

「業界の闇を曝け出す皮肉喜劇!」というキャッチコピーで、その名に負けないほど面白く痛快な内容となっています。また学生や独身の頃は賃貸で、家族になると持ち家で不動産屋を利用するので搾取されないためにも読んでおきたい!

正直不動産のあらすじ

正直不動産千三つ

(表面上は)エリート営業マン永瀬

主人公・永瀬財地は登坂不動産に勤めるバリバリの営業マン。成績は常にトップで、客からの信頼も厚い一見すると完璧なサラリーマンです。

しかしその営業スタイルは、表面上はいい顔をして客の不利になることは言わずに都合の悪いことは契約書にそっと忍ばせておくようなあくどいものでした。

ただしこれは永瀬に限らず、不動産業界全体が嘘で塗り固められた「イカれた世界」なのです。

今までのやり方が出来なくなった

そんな彼に罰が当たったのでしょうか。ある日突然、嘘を付けなくなってしまったのです。当然取れていた契約も取れなくなり成績は下がる一方。上司からはキツく当たられ、同僚には出し抜かれそうになります。

今までのあくどいやり方が出来なくなった中、「嘘がつけないなら正直な営業で契約を取ってやろうじゃねえか!」と覚悟を決めます。こうして営業スタイルを改め、なんとか契約を取っていくのでした。

感想|ココが面白い!

嘘がつけずなんでも正直に言ってしまうため毎回ピンチに追い込まれるのですが、最後はその正直さゆえにピンチを乗り越えお客様の信頼を勝ち取っていく逆転劇が見ものです。

読みやすいオムニバス形式

1つのテーマ・お客様に対して2話完結なので読みやすいのが特徴的です。ずるずる長引かずキッチリ2話で話が締まるので不動産の知識がない僕でもわかりやすく読めます。

また、オムニバス形式ではありますがストーリー全体としてつながるものがあり、新しい仲間やライバル、主人公に恨みを持つ敵などさまざまなキャラクターが登場します。

「コイツは良いヤツなのか悪いヤツなのか」と考えるのも楽しいです。

不動産の知識が得られる

不動産の物語ですから当然不動産の知識も得られます。
例えば不動産の売却時に選べる3種類の契約形態について、事故物件の告知義務についてなど。他にはマンションオーナーが入居者に対して嫌がらせし、すぐ退去させ敷金・礼金で儲けを出すやり口など自分が不動産と関わる際に知っておきたい知識がたくさん出てきます。

僕なんかは大学の近くで一人暮らししており「あの時不動産屋にこの手口やられたかも!」と思い当たる節もありました。笑

話題のアノ問題も取り上げられている

昨今ニュースで取り上げられている不動産の問題に関してもこのマンガで出てきます。例えばレオパレス21のアパート施工不良問題や他人の土地を利用してお金をだまし取る”地面師”に積水ハウスが騙された問題などは記憶に新しいかと思います。

こういった話題が『正直不動産』にも出てきます。
他にも「物件を買うときに夫婦で共有名義で買うのはどうなの?」とか「一括借り上げ・サブリースってお得そうだけどどうなの?」といった身近な疑問や話題にも触れられています。


漫画というエンタメとしても面白いですし、不動産の知識を分かりやすく学ぶという視点でも楽しく読める『正直不動産』。近い将来、家を買う・借りる予定のある方は一度読んでみても損はしません!

ABOUT ME
ぞうきん
当サイト「三流.com」を書いているぞうきんと申します。 現在大学四年生でブログ歴は2年です。 初心者に向けたブログ関連の情報やライフハック、自分の経験をもとにした記事を書いています。