ライフハック

なぜ大学生は麻雀にハマるのか?魅力をご紹介

大学生麻雀

一時期は気が狂ったかのように麻雀にハマっていた僕。そんな僕が麻雀の魅力をお伝えし、なぜ大学生が麻雀に惹かれるのかというのを考えてみました。最後に麻雀の始め方も書いたので未経験の方はぜひそちらもご覧ください!

麻雀は知のスポーツ、極めても極めきれない

麻雀の醍醐味といえば駆け引きです。麻雀は一言で表すと「ランダムに配られた手牌で相手より速くアガる遊び」です。しかし攻めてアガりを目指すのか・アガりを目指さず守りに徹するのかなど、状況を加味して判断する部分に駆け引きが生まれます。

麻雀の初心者の頃はまず自分がアガることを目指します。どういう手順なら速くアガれそうかというのを考え、珍しい”役”をアガれて「やったー!」という感じです。初心者の時点ではまだあまり駆け引きの要素はありませんがアガれるだけで楽しい。
※役とは牌の組み合わせの種類のこと。組み合わせの難易度によって役の点数が異なる。アイススケートでいうアクセルやルッツ、サルコウなどのようなものです。

中級者になると守りを覚えます。「自分は大きな役を目指せそうだけど、相手の”リーチ”がかかってるからアガりは諦めて守ろう」と状況を把握し自分のアガり以外の楽しみを見出せます。「流局になって相手が大物手を”テンパイ”してた。守って良かったー」というのは気持ちいいです。
※テンパイとはあと一つでアガりの状態のこと。リーチとはテンパイを宣言すること。自分の出した牌で相手がアガると点数をごっそり持ってかれるので攻めだけでなく守りも重要。

上級者になるとアガりまでの効率を最適化でき、相手の意図していることが読み取れるようになります。自分の思い通りにするために展開を自分で左右することが出来ます。例えば「相手がテンパイしてるけど役がショボそうだ」と思ったらあえてアガり牌を出して相手にアガらせることも。
本当の駆け引きを楽しめるのは中~上級者になってからかもしれません。

運と実力のバランスが丁度いい

じゃあ初心者と上級者が戦ったら初心者はボコボコにされちゃうの?というとそんなことはありません。初心者と上級者が10回戦ったらおそらく2,3回は初心者が勝てます。サッカーやバスケ、将棋や囲碁だったらたぶん上級者が10回勝っちゃいますよね。

なぜ初心者でも勝てるのかというと...麻雀は運7割、実力3割と言われています。ゲーム開始時の自分の手牌、ゲーム中に何を引いてくるかなど運が占める要素が多いのです。
将棋で例えるなら「初期配置も動かせる駒もランダム」みたいなもんです。初めから居飛車穴熊が組まれているVS王将が歩より前にあるとかだったら初心者でも勝てそうですよね。麻雀だとそんなことが頻繁に起こります。

知らない人とも楽しめる・一人でも楽しめる

麻雀をコミュニケーションツールとして初対面の人とも楽しめます。大学で打つメンツが足りないとき友達のサークルの後輩や、友達の友達の友達を打ったりしましたが関係なくドキドキワクワク楽しかったです。

フリー麻雀ではふらっと一人で雀荘に行って、同じように一人で来た人たちと麻雀を打つことが出来ます。MJや天鳳などのネット麻雀もありますし周りに麻雀を打てる人がいなくても楽しめます(フリー麻雀は少しハードルが高いですが)。

麻雀を始めるためのステップ

基本的なルール・用語を覚える

まずはこれらを覚えましょう。牌を一つ取ってきて一つ切る、4面子1雀頭を作る、役がないとアガれない、東南西北の風の話など超基本的なことを覚えましょう。
またネット麻雀ではなくリアルの麻雀の場合、”親”の決め方や牌を配る順番なども覚えといた方が良いですが、ここら辺は追い追いでOK、まずは詳しい友達に任せちゃいましょう。

用語もいろいろありますがロン・リーチ・ポンなど基本的なものから覚えましょう。

役を覚える

お待ちかねの役の話です。役には作る難易度によって”翻(ハン)”というものがあります。どういう役があるのか、その役は何翻なのかなどを覚えましょう。

役もいろいろありますが「こんな役ホントに作れるの?」とか「これで1翻しかないの!?」みたいに覚えてて結構楽しいと思います。
ピンフ・タンヤオ・チートイツなど基本的な役をまずは覚えましょう。もし抜けてても実践でアガった時に「こういう役もあるよ」と教えてくれるので一気に全部を覚えようとしなくてOKです。

実践あるのみ

あとは実践あるのみ。まずは親しい友達と半分教えてもらいながら打ったり、MJや天鳳などのネット麻雀でコンピュータと対戦したりして経験を積んでいきましょう。

牌効率や押し引きなど麻雀の奥深さにハマっていくこと請け合いです!

ABOUT ME
ぞうきん
当サイト「三流.com」を書いているぞうきんと申します。 現在大学四年生でブログ歴は2年です。 初心者に向けたブログ関連の情報やライフハック、自分の経験をもとにした記事を書いています。