ライフハック

アマゾンFBAで不用品処分して部屋をスッキリさせよう

アマゾンFBAサムネ

いらない本を売るなら?

大学もそろそろ終わるので部屋を綺麗にするためにもいらない本を処分しようと決めました。ただ教科書やら参考書って無駄に値段が高いので捨てるのは癪。ブックオフで売っても二束三文にしかならないだろうし...
ということでいらない本を簡単な作業で出品でき、高くで売れるアマゾンで出品しようと決めました。

「FBA(フルフィルメント by Amazon)」というサービスを利用すると、売りたい本を段ボールに入れて宅配の方に取りに来てもらうだけで注文処理や配送はアマゾンに丸投げできてしまいます。

ということで一緒に登録方法、出品方法を見ていきましょう。

こんな人にオススメ

・受験の時の参考書がまだ残ってる大学一年生
・就職を迎えて教科書や参考書を処分したい大学四年生・新社会人
・アマゾンという世界最大のECサイトを売り手側から覗いてみたい方
ちなみに僕は、受験の参考書や大学の教科書を処分したくて、かつAmazon出品の仕組みを知りたい!と全てに当てはまります。笑

注意点 手数料がバカにならない

一つ注意なのが手数料です。例えばFBAを利用して小口出品で本を売る場合、一冊当たり約5~600円ほど手数料がかかります
営利目的で出品するわけではないですが売れるたびに損をするのはバカらしいので最低でも一冊当たり700円以上で売れる見込みのものだけ出品しましょう。

まずは出品サービスへの登録

まずはアマゾンで出品するためのアカウントを作成します。FBAを利用して出品する人も、FBAを利用しない人もまずは登録です。

大口出品

小口出品

大口と小口どちらかを選べるのですが大口の場合月額約5,000円かかってしまいます。ビジネスとしてアマゾンで出品する方以外は月額無料の小口で十分です(後からでも大口⇔小口は変更できます)。
画面の指示に従って氏名や住所などを登録しましょう。「店舗名」は実際にアマゾンで表示されるので、ソレっぽい名前にしておきましょう。笑

この時「特定商取引法が~」という個所があるのですが、目的はあくまで不用品処分なので「いいえ」を選択すればOKです。ビジネス目的の方は「はい」を選択しましょう。

クレジットカードや二段階認証も登録し「Amazon seller central」に入れたら完了です。

売りたいものを商品登録

続いてアマゾンで売りたいものを商品登録していきます。
上のツールバーの「カタログ」をクリックし、売りたい商品名を検索します。

アマゾンFBA出品1

例えば「いぬやしき」と調べるとご覧のように出てくるので、10巻セットを売りたい場合はその横の「出品制限が適用されます。」をクリック、すると「出品するボタン」が現れるのでそれをクリックします。

アマゾンFBA出品2

販売価格・コンディションの設定

次の画面ではいくらで売るのか、商品のコンディションはどうかなどを設定します。

アマゾンFBA出品3

上から見ていきましょう。
出品者SKUとは商品の識別コードのことです。「いぬやしき」でしたら「inu」などと自分で分かればOKなので適当に。
次に一つ飛ばしてコンディションを設定します。基本的には「中古-良い」か「中古-可」のどちらかですね。一応ガイドラインを載せておきます→コンディションガイドライン-Amazon seller central

コンディションを設定すると販売価格の上に同じ商品の最安値が表示されます。これを参考にして価格を決めましょう。

最後に一番下のフルフィルメントチャネルを「Amazonが発送し、カスタマーサービスを提供します」に変更し、保存して終了をクリックします。

すると画面が切り替わってFBAを始めるかどうか聞かれるのでFBAを利用する方は先へ進みます。

このような画面に切り替わればFBAの登録が完了します。
で囲った部分をクリックすると納品準備が出来ますが、まずは上記の「カタログ」に戻って同じ手順で売りたいものを一通り商品登録しましょう。

今回はひとまずここまで。次回は納品について見ていきましょう。

ABOUT ME
ぞうきん
当サイト「三流.com」を書いているぞうきんと申します。 現在大学四年生でブログ歴は2年です。 初心者に向けたブログ関連の情報やライフハック、自分の経験をもとにした記事を書いています。